ZEN‚ KOMAZAWA‚ 1592

READ MORE

COLUMN 体と心

禅とマインドフルネスとの比較(3)

3. 瞑想の目的 -ストレス低減と莫図作仏-    マインドフルネスは、ストレスの低減、不安の低減、うつの再発予防・悪化予防などを目的として行われます。仏教をもとにしつつも、その宗教的要素を取り除いた理論とテクニックによって構成されるマインドフルネス瞑想のプログラムを実践することで、その・・・

2019.03.04

COLUMN 体と心

禅とマインドフルネスとの比較(2)

2. 瞑想の実践 -マインドフルネス瞑想と只管打座-  マインドフルネスは、瞑想による実践が重視されています。マインドフルネス瞑想では、まず注意集中を促す「サマタ(止)瞑想」が行われます。注意集中の瞑想法として用いられているのが、自己の呼吸に注意を向ける呼吸の瞑想です。呼吸への注意・・・

2019.02.13

COLUMN 現代社会

坐禅をすると業績が上がる!?

アップルのスティーブ・ジョブズが禅をヒントに画期的な製品を世に出したといわれています。また、多くの有名経営者が坐禅をすることもあって、経営における禅が注目されています。ところで、本当に坐禅をすることによって会社の業績があがるのでしょうか。 禅ブランディング事業の一環として、2018年11月に取締役・・・

2019.02.07

COLUMN 体と心

禅とマインドフルネスとの比較(1)

1. マインドフルネスとは  「意図的に“今”の瞬間に注意を向け、判断や解釈をしない心の状態」(日本マインドフルネス学会)と定義されるマインドフルネスは、ジョンカバットジンのマインドフルネスストレス低減法により始まったものです。仏教を源流とし、仏教の思想と瞑想をもとにして構成さ・・・

2019.01.22

COLUMN 源流

駒澤大学に坐禅の授業を始めた澤木興道という人(4)

 明治39年(1906)27才の時、日露戦争から生還した澤木(さわき)老師(以下、澤木)でしたが、激戦の最中、弾丸にあたって負傷していました。首筋から弾(たま)が口へ抜けて、舌がちぎれるという重症でした。奇跡的に命拾いして回復しますが、やはりその後、会話は滑舌が悪かったようです。  帰還した澤・・・

2018.11.03

STUDY 源流

禅の歴史 ― 曹洞禅の源流を尋ねて(3)

鏡島元隆博士「禅学概論講義ノ-ト」より  インドでは古くより今に至るまで宗教者とは苦行者であると考えられている。しかるに仏教においてはこのような苦行を退けるのである。釈尊は現世の快楽に耽ることを退けたが、同時に苦行に専心することも退けたのである。釈尊からはそれらはいずれも誤った極端な考えとして・・・

2018.09.10

READ MORE

なぜ禅は人を惹きつけるのか。

READ MORE

仏教・禅に関わるリンク先

READ MORE